021 素性法師 今こむとw
 
クリックすると拡大します。

小倉百人一首 第21番 素性法師
恋人を有明の月が出るまで待っていた女の切ない気持ちを詠んだ歌です。
僧正遍照の息子で、父が出家する時に強引に出家させられた(宗貞さん(^^ゞ)ので俗世に未練が一杯。色気や華やかさがある歌をたくさん詠んでいます。

また歌の解説は後日~。


| HOME |