FC2ブログ
087 寂蓮法師w

(クリックすると拡大します)

小倉百人一首 第87番 寂蓮法師(じゃくれんほうし)

村雨の 露もまだひぬ 真木の葉に 霧立ち上る 秋の夕暮れ (『新古今集』秋下・491)

<通釈>
降りすぎて行った村雨の露もまだ乾いていない真木の葉のあたりに、霧が立ち上ってくる秋の夕暮れであるよ

<語句>
*村雨:にわか雨。特に、秋から冬にかけて断続的に激しく降る雨のこと。

*露:村雨の残したしずく。

*ひぬ:上一段動詞「干る」の未然形「ひ」+打消しの助動詞「ず」の連体形「ぬ」

*真木:杉・ヒノキ・槙などの常緑樹の総称。なので背景の林が青っぽいのです。

*霧:秋の景物。同じ自然現象であるが、平安時代以降、春の物を「霞」、秋のものを「霧」と呼んだ。

*立ち上る:「立つ」「のぼる」の動詞を複合させて、ほの白い霧が静かに這い上ってくる感じを強調する。

*秋の夕暮れ:平安朝の和歌では、秋は寂しさのつのる季節。夕暮れも物思いをさせる時間帯とされる。体言止め。

<解説>
*露の乗る葉にクローズアップ→遠景に視点が流れる。

*区切れがなく、すべて結句の「秋の夕暮れ」に集約していく。


<略歴>
*俗名は藤原定長。
*生没年 1139?~1202 享年 63歳?
*大原の三寂の一人。
*『新古今集』の撰者の一人。
*俊成の養子。

参考:原色 小倉百人一首(文英堂)


| HOME |