FC2ブログ
01-hyakunin-080t-no-horikawa.jpg

小倉百人一首 第八十番  待賢門院堀河

「百首歌たてまつりける時、恋のこころをよめる」

長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は ものをこそ思へ

『千載集・恋三・802』

【通釈】

「百首歌を(崇徳院に)奉った時に、恋の心を詠んだ」


末永く変わらない、というあなたの心も(それが本当かどうか)分からず、お逢いして別れた今朝は、私の乱れた長い黒髪の様に私の心も思い乱れて、あれこれと物思いをしています。

【語句】

*「長し」「乱れて」は「黒髪」の縁語。

*「今朝は」:この言葉より、この歌は、男女が共寝をした次の日の朝、つまり後朝(きぬぎぬ)の女の心を想定して詠まれたものだという事が分かります。

【解説】
官能的な歌です・・・!この歌を鑑賞するだけで、滴るばかりの濃厚な色気と、昨夜の激しい逢瀬の余韻に浸りながら、寝乱れた黒髪に包まれて物思いにふける美しい女性の姿が目の前に浮かんできます。

この歌は、崇徳院主催の『久安百首』の中で、「恋の心」というテーマで詠まれた歌です。平安後期には良くあることですが、これも実際の場面で詠まれたものではなく、ある特定の題を出されてそれに従って詠まれたものです。でも何て真の心情に迫った歌でしょう・・!

作者の堀河は、崇徳院の母である待賢門院・璋子に女房として仕えていましたので、その縁で『久安百首』に参加を求められたのでしょう。

 

【参考歌】紀貫之「拾遺集」

朝な朝なけづればつもる落ち髪のみだれて物を思ふころかな 

【略歴】
<基本データ>
*平安時代後期の女房・歌人 *生没年未詳:12世紀前・中期の人 *別称:伯女、伯卿女、前斎院六条 *村上源氏 *堀河天皇の外祖父・源顕房の孫 *父:神祗伯・源顕仲 *叔母:白河天皇中宮・賢子 *妹:顕仲卿女、大夫典侍、兵衛 *一児を産んで夫と死別。子供は顕仲の養子に。 *女房三十六歌仙 *自選家集『待賢門院堀河集』。歌風は妖艶。

詳しい伝記はこちらをクリック。
参考:千人万首「待賢門院堀河」、平安時代史事典「堀河②」「堀河集」

線画:Comic Studio Pro3 色塗り:Photoshop 袿の素材:月宿海渡時船 単の素材:自作

2006.6.17. 葉つき みかん


| HOME |