FC2ブログ
01-hyakunin-059-akazome.jpg


小倉百人一首 第五十九番 赤染衛門(あかぞめえもん)

「中関白少将に侍りける時、はらからなる人に物言ひわたり侍りけり、頼めてまうで来ざりけるつとめて、女に代りてよめる」

やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月をみしかな『後拾遺集・恋ニ・680』

【通釈】
中関白(藤原道隆)が少将でした時、姉妹に通っておりました。来ると言っておきながら来なかった翌朝、姉妹に代わって詠みました。

ぐずぐずと貴方をお待ちしておらずにさっさと寝てしまいましたものを、貴方を今か今かとお待ちしているうちに夜が更けて、西に傾くまでの月を見てしまいましたよ・・・。

<語句>
*「中関白」:藤原道隆。藤原道長の同母兄。後に高階貴子を正妻とする。
*「やすらふ」:ためらう、ぐずぐずする。
*「寝な」+「まし(反実仮想)」+「ものを(逆説)」:寝てしまっただろうものを(反実仮想なので、実際には寝ていなかった。)
*「さ夜」:「さ」は接頭語。
*「かたぶく」:月が西の山に傾く事。夜明けの近づいた事を意味する。



<解説>
不実な相手に対する恨みを、技巧を尽くした歌の中にやんわりと入れ込んだ歌です。女性が小さく口を尖らせている様子が想像できるようです。

この歌は、『赤染衛門集』所収ですが、同じ歌が『馬内侍集』にも入っているそうなので(管理人は現時点で原典は未確認です)、赤染衛門の作とは断定できないそうですが、彼女のそつのない生き方から想像できるようなそつのない歌なので、赤染衛門作でもありかな、なんて思っています。

この歌が赤染衛門作とすると、衛門は天暦(九五七~六一)生まれで、道隆が少将の時期は、天延二年(九七四)~貞元元年(九七六)頃なので、15歳~19歳頃の作になります。十代の終わりにこんな余韻のある歌を詠えるとは・・・やはり大物。おそらく本当に平兼盛の子供だったのだろうな・・・と思います。

<先行歌>
今こむといひしばかりに長月の有明の月を待ちいでつるかな(素性法師)


<ミニストーリー>
平安時代中期・寛仁元(一○一八)年、八月― 

太皇太后・彰子様の御所の廊下を赤染衛門は歩いていた。
六十代近いと言ってもまだ若々しい足取りに、知的な光を宿らせた瞳。
流石に髪は白髪が相当混じっているが、まだみすぼらしく抜け落ちてはいない。

赤染衛門は、六年前に夫の学者・大江匡衡に先立たれていた。夫をなくしてしばらくは宮仕えにも出る気力がなかったが、衛門は彰子の母・倫子が裳儀を迎える前から仕えていた古参女房。彼女がいなくては御所の仕事が回らないと喪が明けるのを待ち兼ねたように、倫子・彰子親子からお呼びがかかった。

赤染衛門は、式部卿宮・敦康親王とすれ違った。
衛門の深い茶色の瞳は、二十歳の若々しい式部卿宮の頬を捉え、すぐに伏せられた。

式部卿宮は衛門を気にも留めずに、母代である太皇太后・彰子様に、敦良親王の立太子の御祝いを申し上げるために寝殿に向かっていった。
式部卿宮は一条院と故中宮定子様との第一皇子であるが、一条院が亡くなる時、外戚の力が弱いということで、藤原道長の外孫で異母弟である敦成親王が皇太子の座に着いた。
三条院が譲位し、敦成親王が後一条天皇として即位するのに従い、三条天皇と皇后の第一皇子・敦明親王が皇太子になった。しかし敦明親王は先日、皇太子の地位を辞退し、それに伴って一条天皇と彰子との次男である敦良親王(後朱雀天皇)が皇太子の地位に就いた。―彰子太皇太后が式部卿宮を皇太子に推したにも関わらず。

衛門はため息をついた。
一条院の死去の時と今回と、二回も立太子を阻まれた式部卿宮様は、やる瀬ない気持ちを、言葉ではなく視線で太皇太后様にぶつけられるのであろう。太皇太后様はお優しく理を重んじられる御方だから、式部卿宮様の甘えにも似た感情をまともにお受け止めになるに違いない。
そして、式部卿宮様は太皇太后様から、故院(一条天皇)の遺志に反して式部卿宮様を立太子する事ができなかった旨の、侘びの言葉をもらうことでせめてもの慰めとするのであろう。

式部卿宮の後姿を目で追いながら、衛門は過去を思い出していた。
(うりふたつだ・・・。昔、妹の所に通ってきた中関白様と。)

今から四十年程前、中関白・藤原道隆様―式部卿宮の祖父―が少将だった頃、私の妹の所に度々通ってこられていた。
道隆様は絵の中から抜け出てきたような・・・いや、光が集まってそのまま人間となったようないでたちで、妹の側の縁に座って、笛を吹いていた。

私はその頃から五年ほど前に、既に夫・大江匡衡と結婚して、同時に左大臣・源雅信様の御長女・倫子様の所へ宮仕えに出ていたので、そんな道隆様の御様子を拝見するのはまれにしかなかった。

たまたま私が里下がりをしている時、道隆様から「今夜来る」という文が妹の所に来た。私も心なしかうきうきして道隆様の訪れを待っていた。しかし、待てども待てども彼は来ない。月が空の中天を過ぎ、西に傾きかけてきた頃、妹は耐えられずに袖を顔に当てて突っ伏してしまった。

年の離れた妹が身も世もなく嘆き悲しむ様子を見て、私は道隆様に対してふつふつと怒りが湧き上がってきた。
この辛さを訴えなければならない。
・・・・でも、率直に訴えて彼を怒らせてしまったら、もう二度と彼はこちらに寄り付かず、妹はますます悲しむであろう。

そこはかとなく女らしさを漂わせ、かつ恨みを訴えるような歌を送らなくては・・・

「やすらはで 寝なましものを さ夜ふけて かたぶくまでの 月をみしかな」

妹は歌を聞いて、顔を上げた。涙で頬が濡れている。
衛門は妹に話しかけた。
「どう?これを送っては。」

妹は信頼をしきった目で、うなずいた。


その次の夜、すまなさそうに道隆様は現れたけれど、通いは間遠になり、結局はこなくなってしまった。
私は、余計な歌を詠んだからかと自分を責めていたが、妹は、「いいのよ・・・きっと御縁がなかったの。」と気丈に微笑んでいた。

結局、道隆様が北の方に選んだのは、高内侍。彼女の腹から産まれた中宮定子様が式部卿宮様をご出産なされたのだ。
―高内侍は道隆様の北の方になり、夫が関白、娘が中宮・息子が内大臣になるというこの上もない幸せを手に入れ、道隆様の死後には息子達が配流されるというこの上もない辛さを経験して、命を燃やしつくすように逝ってしまった。


もし妹が道隆様の北の方になっていたら、高内侍の地位にいたのは妹だったのかもしれない。・・・そして私は太皇太后様の元に女房づとめはできていなかったでしょう。



衛門は庭を見た。橘の葉は青々と繁り、池は満々と水をたたえ、遣り水はとめどなく流れ、涼を感じさせる。

・・・私は今、ここで充実感を持って宮仕えをしている。倫子様という素晴らしい御方に私を理解していただき、信頼していただき、彰子様付きの女房としていただいた。


あの夜、道隆様は来てくださらなくてよかったのかもしれない。人の人生はどう変わるか分からないもの・・・。


私も『六国史』の後を継ぎ、この国に暮らす人々の歴史を書いてみたい。波乱万丈な運命に弄ばれ、それでも一生懸命生き抜く人々の姿を。・・・・今までの様に「真名(=漢字・漢文)」ではなく、私たち女性が普段使い慣れている、「仮名」で・・・。

出来るかしら、私に・・。

衛門の目に強い光が宿った。

いいえ、書いてみせる。

同僚の紫式部も源氏の物語の中で、「日本紀はただ、歴史の表面だけをなぞっている様なものだ、物語こそが、人間の真実を描けるのだ」と言っていたわ。
夫が遺していったいろんな方の日記を読もう。
そして、私にはたくさん知り合いがいる。彼らを通してこちらの宮以外の動向は分かるわ。


やってみよう・・・私の命の続く限り。
あなた・・・極楽で見ていてくださいね。

衛門は、匡衡が自分の側で励ますように微笑んでいるような気がした。

(終)

2008.10.15  葉つき みかん


<略歴>
<基本データ>
*平安時代中期の女房(藤原道長正妻・源倫子女房、上東門院彰子女房)・歌人
*生没年:未詳 天徳年間(九五七~六一)~長久二年(一○四一年)頃? 
*実父:平兼盛 *養父:赤染時用(あかぞめときもち) 
*夫:大江匡衡
*子供:大江挙周(おおえのたかちか)、江侍従
*良妻賢母の誉れが高い。
*八十歳になるまで歌壇で重きをなした。
*家集『赤染衛門集』
*『女房三十六人歌合』『小倉百人一首』
*『栄花物語』前編の作者という説がある。

詳しい伝記はこちらをクリック。

参考:『千人万首』「赤染衛門」、『平安時代史事典』「赤染衛門」
2008.10.13  葉つき みかん  


| HOME |