FC2ブログ
01-hyakunin-058-f-katako.jpg


小倉百人一首 第五十八番 大弐三位(藤原賢子)

「離れ離れになる男の、おぼつかなくなど言ひたるによめる」

有馬山 猪名の笹原 風ふけば いでそよ人を 忘れやはする 『後拾遺集・恋ニ・709』

<通釈>
通うのが間遠になってきた男から、「あなたが心変わりしたのではないかと気がかりです」と言ってきたので、詠みました。

有馬山の辺りの猪名の笹原に風が吹くと、笹の葉が「そよそよ」と音を立てます。
そう、そのことよ、何で私があなたの事を忘れるでしょう。忘れるわけないわ。お忘れになったのはあなたの方でしょう?

<語句>
*「有馬山」:摂津国(兵庫県東部)有馬郡、現在の神戸市北区有馬町辺りの山。
*「猪名の笹原」:猪名野とも言われる。摂津国猪名川に沿った平地。
万葉の昔から、「有馬山」と「猪名」は一緒に詠みこまれることが多かった。

*「有馬山・・・・風吹けば」:「そよ」を導き出すための序詞。
*「いで」:勧誘、決意を表す副詞。
*「そよ」:「笹がそよぐ音」と「それよ」の掛詞。
*「人」:相手の男
*「やは」:反語の係助詞。「どうして~しようか。いや、しない。」

<ミニストーリー>

今回はちょっと難物なので作成できておりません。出来たら、アップします。


<解説>
自分が浮気をしておきながら、相手の事をいけしゃあしゃあと疑う相手に、ぴしゃりと肘鉄をくらわしてやったような小気味のいい歌です。

でも、私はこの歌は、賢子の相手に対する精一杯の強がり、本当は大好きな相手と会いたい!という気持ちを押し隠して詠んだ歌だと思ったので、イラストでは淋しげな表情をさせました。

私は、『大弐三位集』を読んだ限りでは、このお相手の男性は、藤原定頼だと思います。『大弐三位集』では、定頼との出会いと別れまでの間に二人が交わした一連の和歌が載っています。他の相手とは、いくつか交わした中の一つが抜き出されているくらいなのに、定頼と交わした和歌のボリュームはすごく多いです。まるで歌物語を読んでいるようです。


その中で、賢子は定頼にこんな歌を贈っています。

「白き菊にさして、おなじ人(定頼)に

つらからん かたこそあらめ 君ならで 誰にか見せむ 白菊の花
(薄情な仕打ちをされる時もあるかもしれないけれど、あなた以外にこの白菊の花を誰に見せましょう。)」

賢子の心の中の少女が幻影として浮かんでくるような可愛らしい歌です。

一方、定頼は権門の貴公子らしく、賢子を頭のいい遊び女くらいにしか思っていないような態度を取っています。来ると言ってすっぽかしたり・・・。だから、こんな失礼な事を言った相手は、定頼かな~・・と思うのです。そして賢子も定頼に対してだから、こんなに真剣に反論をしたのではないか・・と想像できるのです。

二人の和歌の贈答を、賢子の伝記ページにまとめておきますので、もしご興味がある方は、のぞいてみてください。

<略歴>
<基本データ>
*平安時代中期の女房(上東門院彰子女房・後冷泉天皇乳母)・歌人
*生没年:未詳(西暦999年頃?~1082年頃?) 享年:84歳?
*出仕名:越後弁、越後弁乳母、藤三位
*父:藤原宣孝 母:紫式部
*恋人:藤原頼宗、藤原定頼、源朝任(源倫子の甥)
*夫:藤原兼隆(道兼男)、正三位大宰大弐高階成章
*子供:高階為家(白河院の近臣・為章の父)
*勅撰集に37首入集
*家集『大弐三位集』
*『女房三十六人歌合』『小倉百人一首』

詳しい伝記はこちらをクリック。


参考:『千人万首』「大弐三位」、『平安時代史事典』「藤原賢子」
2008.9.7  葉つき みかん  


| HOME |