FC2ブログ
01-hyakunin-036k-fukayabu.jpg

小倉百人一首 第三十六番 清原 深養父(きよはらのふかやぶ)

「月のおもしろかりける夜、暁がたによめる」

夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ 『古今集・166』

【解釈】

「月が素敵な夜、明け方に詠んだ」

夏の夜は、まだ宵の口のまま、明けてしまったが、(こんな短い夜では、月は山の端にたどり着いていないだろう。)一体雲のどこに宿っているのだろうか。

【語句】

「夏の夜」:陰暦の4,5,6月。現在使われている太陽暦の5,6,7月。夏至を間に挟んでいる事からも分かるように、この時期は夜が短い。

「宵」:日が暮れてからまだ間もない頃。

「ながら」:同時に二つの状態が存在する事を表す。~ながら。~ているまま。

「明け+ぬる(完了の助動詞)+を(逆説の接続助詞)」

【解説】
さすが清少納言の曾祖父、そして清原元輔の祖父、軽妙洒脱な表現の中にも、理知的な考察をしのばせています。

前半の「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを」では、まだ完全に暮れきっていないのに、もう夜明けが来てしまったという明るい夜の印象を受けます。

それで、後半の「雲のいづこに 月やどるらむ」と一転、見えない月はどこにいっちゃったんだ?と目の前に見えない月を擬人化し、その居所を探る方に意識が飛びます。この飛躍がテンポの良さを作り出しています。

本当はこの歌を厳密に解釈したら、月は見えていたらいけないのですが、雲の中でお休みを取っている月の様子を想像したら楽しいので、雲に隠れている月を描いてしまいました。

【略歴】

<基本データ>

*平安時代中期の官人、歌人。*生没年未詳 *中古三十六歌仙 *父:豊前守・房則? *子又は孫:清原元輔 *孫または曾孫:清少納言 *勅撰集に68首入集。 *家集『深養父集』

詳しい伝記はこちらをクリック

 
*カナダに行ってから初めの方で描いたイラストです。資料がなかったため、自分のイメージの中で描きました。なので、深養父さんを男前に描きすぎたかもしれません。また、唐風から国風への装束の変化時期にも関わらず、全く平安中期の寛ぎ着、袿・指貫姿で描いてしまいました。おそらく内に小袖は着ていなかったでしょう(^_^;)でも、ま、これはご愛敬ということで。線画を描いてから、一年半経ってようやくお披露目できました。嬉しい!
 
使用画材:ミリペン、フォトショップ
使用素材:丸紋は「月宿海 渡時船」さん、幸菱は自作。
 
参考:「千人万首」清原深養父、『平安時代史事典』清原深養父

2006.04.09. 葉つき みかん



| HOME |