FC2ブログ


小倉百人一首 第十二番 僧正遍昭

五節の舞姫を見て詠める

天つ風 雲の通ひ路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ(『古今和歌集』・雑上・八七二)

【通釈】

五節の舞姫を見て詠んだ。

「空を吹き渡る風よ、雲の通い路を閉ざしておくれ。天女の舞姿をしばらくこの場所にとどめておこう。」

【語釈】

後日制作します。

【解説】

まだ出家前の良岑宗貞時代、新嘗祭で舞を披露する五節舞姫を見て詠んだ歌です。

舞姫は、時には帝が召すこともあり、臣下には手の届かない存在でした。だからこそ、宗貞は少しでも長く見ていたい、少しでも長く舞台の上にとどまっていてほしいという願いを込めてこの歌を詠んだのではないでしょうか。

【略歴】

僧正遍昭(そうじょうへんじょう)

【基本データ】

*平安初期の僧、歌人 *生没年:弘仁七~寛平二(816-890)  *俗名:良岑宗貞  *号:花山僧正   *父:大納言・良岑安世 *子:素性法師 *六歌仙、三十六歌仙 *多選家集『遍照集』 *勅撰集入集歌は計36首 詳しい略歴はこちらをクリック。

2015年5月4日 葉つき みかん


| HOME |